大谷鉱山跡

Location気仙沼市

気仙沼市大谷地区にある金鉱山。鹿折金山でのモンスターコールド産出の影響を受け、明治38(1905)年に採掘を開始し、昭和51(1976)年まで操業し鉱山町を形成しました。1250余年に及ぶ、採金事業の中で最終形態を示した貴重な遺産です。山腹にそびえる、コンクリート造りの巨大な精錬所跡は、当時の繁栄ぶりを偲ばせるモニュメントとなっています。