The Story ofMichinoku Gold

story 3

黄金山産金遺跡

日本の“金”発祥の聖地

Scroll

黄金山産金遺跡日本の“金”発祥の聖地

では、産金地にはどのような場所があったのでしょうか。まずは日本初の産金地である宮城県涌谷町の「黄金山産金遺跡」を紹介します。

749(天平21)年に発見された砂金は、奈良・東大寺盧舎那仏の鍍金(金メッキ)用に献上され、時の聖武天皇はその喜びから元号を天平から天平感宝に改めました。

頂から平泉や三陸地方が望める霊峰箟岳山の南麓、金色の大鳥居の先には、産金を記念して建立された仏堂跡と、その由緒を伝える「黄金山神社」が静穏な空間を創り出しています。神社の境内には初出を礼賛した大伴家持の万葉歌碑が建ち、みちのくと遥か奈良の都が“金”で結ばれたことを伝えています。神社の拝殿横を流れる黄金沢や箟岳山の沢では金色の光を放つ蛍が幻想的に舞い、心のトキメキを掻き立てるかのように今でも砂金が見つかります。一粒の砂金から始まった日本の“金”の原点を体感することができる聖地、それが黄金山産金遺跡です。

構成文化財

トラベローグ~みちのくGOLD浪漫を巡る旅行譚~

モデルコース

Home 黄金山産金遺跡