The Story ofMichinoku Gold

セントルイス万国博覧会 大賞状

Location気仙沼市

 

Contents日本遺産

明治37(1904)年、鹿折金山では重さ2.25キロ、含有率 83%の怪物金「モンスターゴールド」を採掘しました。小さな金塊すら産出が難しい中、その大きさは世界に驚愕を与え、同年開催のアメリカ・セントルイス万国博覧会に出品され、青銅メダルを受賞します。これはその受賞を記念した大賞状です。「黄金の国ジパング」の底力を世界に示し、みちのくの黄金産出の実態を見せた証となっています。

文化財の状況/分類

未指定(歴史資料)

関連するストーリー

トラベローグ~みちのくGOLD浪漫を巡る旅行譚~

モデルコース

観光スポット一覧

Home Trip Finderセントルイス万国博覧会 大賞状